AGA(男性型脱毛症)治療はどんなことをするの?

AGAは男性型脱毛症とも言われている薄毛で、M字型とO字型の2つのパターンが在るのが特徴です。
M字型と言うのは額の生え際部分が少しずつ薄くなって、額がM字の形になるためM字型と言われています。
これに対し、O字型は頭のてっぺんがO字の形に薄くなるもので、両方のパターンが生じる人と、どちらか片方のみとなる人がいるのが特徴です。
また、AGAは進行型の薄毛とも言われており、そのままにしておくと全ての毛が抜けてしまう恐れがある事からも早めに治療を受ける事が大切です。
尚、AGAは遺伝子の影響を受けて、テストステロンと呼ばれている男性ホルモンと体内酵素の5α-還元酵素が結びついて、テストステロンがDHTと言う男性ホルモンに変換される事で薄毛が起きると言うメカニズムが在るため、治療を受ける時には遺伝子検査を受けて、AGAの症状を持つ薄毛なのかを診察する必要が在ります。
また、AGAの症状を持つ事が解ると、今度は治療薬の効果や副作用などのリスクを確認するための検査を受ける事になり、これらの検査を受ける事で医薬品を使用して治療を受ける事になります。
尚、専門クリニックでの治療と言うのは、これらの検査に加えてカウンセリングが行われるのが特徴です。
カウンセリングと言うのは生活習慣の乱れが無いのか、ストレスが無いのか、食生活の乱れが無いのかと言ったことを調べて、必要に応じて生活習慣の乱れ、食生活の乱れなどの改善に対するアドバイスを受ける事になります。
これは薄毛の症状を持つ原因の中にはストレスや喫煙、お酒、生活習慣、食生活などが関与しているケースが多い事からも、医薬品の処方や血液検査だけではなく、生活習慣や食生活の見直しを図る事も治療の一つとなります。

AGAとそうじゃない薄毛の症状の違い

ほとんどの男性の薄毛の症状はAGAがほとんどですが、AGA以外にも原因があるケースがあります。
まず、AGAの症状は、大体は30代から40代、人によっては10代や20代のうちから進行が始まることがあり、進行の時期や速度に大きな個人差がありますが、病的な一時的な脱毛症と比べると長い時間をかけてゆっくり進行していきます。
主に生え際や頭頂部から進行していきます。
メカニズムとして、ヘアサイクルの変化により、成長期、退行期、休止期、の3つのヘアサイクルのうち、成長期が極端に短くて、十分に成長できなくなるため、細くなったり、抜け毛が多くなって、全体の本数が減少する状態から薄毛が進行します。
AGA以外の脱毛症には、頭皮のフケや皮脂が異常発生することによって、異常発生したフケや皮脂が毛穴をふさいで炎症を起こし、抜け毛を発生させる脂漏性脱毛症。
特に女性に多く見られる、脳下垂体から分泌されるホルモン量の低下により、頭皮が全体的に薄くなり、同時に全身の体毛も薄くなるという特徴がある、びまん性脱毛症。
10円玉程度の大きさの円形、もしくは楕円形の脱毛が突然生じる、主に、強度なストレスを受けたり、自己免疫疾患による異常が原因であると考えられている、円形脱毛症。
健康な髪を引き抜いてしまう癖によって発生する、精神疾患の一種で、欲求不満や精神的なストレスが原因とされていますが、未だに不明点が多い疾患の抜毛症などがあります。
AGAが原因か、それともべつな何かが原因となって脱毛症を発症しているのかを素人判断で独自に対処法を調べて治療を試みた場合、その対処法によって逆に薄毛が進行してしまうという可能性があります。
脱毛の原因が気になる場合は、専門外来で診察を受けることが適切な方法です。

AGA治療薬が通販でも買える

AGAは早めに治療を受ける事で発毛を期待することが出来るようになると言います。
その理由は、AGAの症状を持つ人と言うのは、男性ホルモンのテストステロンが5α-還元酵素と結びつくことで強制脱毛ホルモンに変換されてしまい、強制脱毛ホルモンは生えて来た髪の毛を3か月などの期間で脱毛させてしまう作用が在るため、早めに治療を受け事で抜け毛を阻止させることが出来るからなのです。
AGAの治療にはプロペシアが処方されるケースが多く在ります。
プロペシアは5α-還元酵素阻害薬と呼ばれている医薬品で、プロペシアを服用することで、テストステロンは強制脱毛ホルモンに変換されなくなるため、毛周期が正常な状態に導いてくれる作用を持ちます。
尚、AGA治療と言うのは現在自由診療の扱いになっているため、診療費や薬代と言うのは全額自己負担をする形になります。
プロペシアにはジェネリック医薬品が在るため、経済的な理由などからも、ジェネリック医薬品を使用される人も多いのですが、プロペシアは医薬品に対する副作用の検査や医薬品の作用の検査などを受ける事が大切で、値段が安いジェネリック医薬品を使って治療を始めると言う事はリスクが在るので注意が必要です。
また、個人輸入代行を行う通販サイトでAGA治療薬を購入することが出来るのですが、通販サイトの中には悪質なサイトもあるため、利用される場合には口コミ評判などを利用して通販サイトの信頼性をチェックしておくことも大切です。
通販サイトでは、病衣で処方されるプロペシアよりも安い、プロペシアのジェネリック医薬品を購入することは可能ですが、副作用に対するリスク、プロペシアはAGAのみに効果を持つ医薬品で在る事からも、まずは専門医がいるクリニックでの診察を受ける事が大切です。