発毛コンテストとAGAの治療薬と血圧降下剤について

世の中には色々なコンテストが在りますが、その一つに発毛コンテストと呼ばれているイベントが在ります。
発毛コンテストは毎年開催されているイベントで、発毛サロンが企画を行い、髪の毛がどのくらい生えて来たのかを競うイベントです。

因みに、発毛コンテストは男女を問わない事、薄毛の原因に関係なく、現在の薄毛の状態を何とかしたい人が発毛サロンを利用して薄毛の症状を克服させることが出来た場合に参加するイベントです。

尚、発毛サロンではサロンに来た人の頭皮の状態などをチェックした上で、その人に合った方法で発毛を促進させると言った方法で行われています。

薄毛に悩む男性の中でもAGAの症状を持つ人は多いと言われています。
特に20代から30代にかけての若い男性や40代に入った男性など中にはAGAの症状を持つ人が多いと言います。

AGAの症状と言うのはM字型の薄毛やO字型の薄毛であり、薄くなっている部分には高濃度の強制脱毛ホルモンが存在していると言われています。
強制脱毛ホルモンはテストステロンという男性ホルモンが酵素と結びつくことで変化したもので、AGAの治療は強制脱毛ホルモンを抑制させ、酵素を阻害するプロペシアが処方されて治療を受ける事になります。

尚、プロペシアは発毛の期待が出来る医薬品になりますが、育毛効果は弱いため、ミノキシジルと言う医薬品が処方されてAGA治療を受ける事になります。

ミノキシジルは血管拡張剤が主成分の医薬品で血圧降下剤としての作用が在ります。
元々、高血圧症の治療薬として開発されたもので、副作用の一つに多毛症が在る事からも育毛剤としてミノキシジルが誕生したとも言われています。

そのため、ミノキシジルは血圧の降下剤と言う事からも低血圧症の人が使用する場合には注意が必要です。