自毛の発毛を目指すAGA治療とエクステの比較

薄毛対策には様々な方法がありますが、AGAを手っ取り早く隠す方法として選ばれることが多いのが、エクステです。
エクステというと、オシャレの為のヘアアレンジに使われるというイメージを持たれがちですが、実際には薄毛対策としても多くの人に活用されています。
エクステは、自分の毛髪に人工毛を結ったり接着させることでボリュームを増やす技術で、近年では接着技術が向上している為、仕上がりが自然な点が大きなメリットです。
自毛を生かした状態でボリュームアップができるので、毛髪が残っていながらも、細くなってしまうことで薄毛が目立つAGA対策に適している方法ですが、当然ながらあくまでも隠すだけのものなので、根本的な薄毛対策とはなりません。
また、AGAが進行して、自毛の本数そのものが少なくなってくると、エクステだけでカバーするのは難しくなってきます。
そういった事情から、薄毛の原因が進行性のAGAである場合は、自分の毛髪を取り戻すことができる発毛治療に取り組むことがおすすめです。
発毛治療は、エクステと比較して手っ取り早く薄毛を隠すことはできませんが、じっくりと治療に取り組むことで、自分自身の毛髪を太く健康に育てることができます。
また、現在では一度発毛に成功すれば以降のメンテナンスが一切不要な、自毛を使った植毛に注目が集まっています。
自毛植毛は、一見エクステに似ていますがその効果は全く異なるもので、人工毛でカバーするのではなく、自分の毛髪を育てる為の治療なので、根本的な薄毛解消を目指す人は検討してみるのがおすすめです。
手軽である点がメリットのエクステですが、AGAが進行してしまう前に発毛治療に取り組みましょう。