AGAの改善に有効な植毛の効果とは

いわゆる男性型脱毛症、AGAで悩まれている人は何らかの方法で薄毛対策を行われているかと思われます。

ただ、AGAの専門クリニックなどで処方される発毛薬などには個人差があり、あまり効果が期待できない人もいます。
特に、発毛薬などは一生涯を通して使用し続けなければAGAが進行してしまうこともあり、経済的にも重荷になっている人もいることでしょう。

植毛は、薄毛改善法の中でも発毛やAGAの進行の抑制するミノキシジルやプロペシアなどの次に薄毛改善法として有効な方法とされています。

植毛は大きく分けて人工毛を使用した方法と自毛を利用する方法がありますが、中でも自毛植毛は後頭部や側頭部などの男性ホルモン影響を受けない部位から採取した自分の髪の毛を薄毛が進行している部位に移植していく方法ですが、発毛率が高く一度の施術で高い効果が得られることが特徴です。

移植後に発毛してくるまでには3~4ヶ月ほどかかり、その後十分な長さにまで成長するまでには半年から1年ほどかかりますが、一度発毛してくればメンテナンスなどは必要がなく、周囲の髪の毛を同じように生えては抜けて抜けては生えての毛周期を繰り返しながら一生涯その人の髪の毛として育っていきます。

植毛先進国であるアメリカでは、AGAで悩む半数の人が薄毛改善のために植毛施術を選択するのに対し、日本では費用の高さからかまだそこまでは主流の方法ではないですが、高い発毛率が期待できるという点では多くの薄毛改善法の中でも有効である方法といえます。

発毛薬ではなかなか薄毛が改善できない人や、今度こそ本気で髪の毛を生やしたいと考えている人は一度植毛施術を考えてみてはいかがでしょうか。