AGA改善したいなら禁煙したりリーゼントをやめよう

男性にとっ手深刻悩みであるAGAは、30代の中高年のイメージが強いですが、最近では生活習慣や食生活の偏りなどによって若い世代でも悩む人が多く、またホルモンバランスの乱れから女性の間で薄毛に悩む人は少なくありません。

一度薄くなってしまったものをまた元のように改善するのは非常に難しく、発毛剤や育毛剤、植毛などの方法で対策を立てていく以外にも、日頃の日常生活をどう過ごすかによっても変わってきます。

タバコを吸うことが髪に良くないことは昔から言われていますが、髪の毛を生やしたいと思うのであれば禁煙するのが良いといえます。

タバコに含まれるニコチンは、毛細血管を収縮させる作用があるため頭皮や髪の毛に十分に栄養が行き渡らずに髪の毛の成長を妨げてしまうので、確実な発毛を望むのであれば禁煙することをおすすめします。

また、リーゼントやオールバックなど、整髪料で髪の毛を固めて固定するのも頭皮や髪の毛自体に負担がかかるのであまり良くないとされています。

女性であれば、お団子頭やポニーテールなど髪の毛をけん引するような髪型ばかりしていると薄毛を助長してしまうといえますので気を付けましょう。

かっこいいヘアスタイルにしたいという気持ちはあっても、髪の毛のことを考えたら自然な髪型で過ごすのが一番だといえます。

特にスプレーなどの整髪料は毛穴をふさいでしまうため、余計に髪の毛の成長を妨げてしまうことが考えられるので極力使用するのは控えた方が良いでしょう。

それ以外に、食生活においても、髪のもととなるたんぱく質やミネラルなどの髪に良い栄養素が含まれた食材をバランスよく摂取することが結果的に髪の発毛へとつながっていくこともありますので、まずは自分でできそうなことから始めてみてはいかがでしょうか。