AGA治療薬の成分と心臓への作用

AGAの治療薬はいくつかの種類が日本において認可を受けています。代表的な薬として、プロペシアという飲み薬がありますが、この薬の主な成分はフィナステリドといって、元々は前立腺肥大症を治すための薬でした。前立腺肥大症の治療に使われていくうちに、抜け毛抑制作用があることが分かり、現在はAGAの治療において欠かせない薬となっています。この薬には男性ホルモンの一種が含まれていて、脱毛の発生を抑える働きをします。抜け毛が減って、髪の毛の成長バランスが整って行くというメリットがあり、3年服用した患者さんの薄毛改善率は70%を超えるなど、高い効果を出しています。ただ、頻度は低いのですが、性欲低下、ED、じんましんなどの副作用が出ることがあります。医師の診察を受けなければ処方できない薬なので、希望する際は扱っている病院へ行く必要があります。
また、ミノキシジルのAGAの薬として有名です。ミノキシジルの成分は、血管を拡張して高血圧を下げるための久賀がありますが、血管が広がることで髪の毛へ栄養が行き届くようになり育毛効果があることが分かりました。ミノキシジルには、毛を作り出す毛母細胞を活性化させる作用もあるので、相乗効果で髪の毛へいい影響があります。元々はAGAではなく、血管拡張剤として使われてきた薬なので、心臓に持病がある人や血圧の病気がある人には使うことができない場合があります。そのような場合は自己判断で使用せずに、必ず医師に相談してから服用するようにしましょう。ミノキシジルは頭頂部に効果を発揮する薬なので、おでこの生え際などにはフィナステリドが有効です。自分の状態に合わせた薬を服用することで、効果を上げることができます。